Vol.2 2013 Summer
特集「のれん」&「きょうとさきょうくさいしゅう」

復刊第2号は、変わった特集です。皆が何気なく潜り抜けている、「のれん」。
そして、その「のれん」がとても似合う場所、京都。
アーティストの数も、ページ数も増えた更にクリエイティブになった1冊です。

Tシャツお披露目展として、京都・一乗寺のギャラリーBlack bird White birdにて展示も開催。
[3P〜14P] 特集「のれん」
新進気鋭のアーティスト、イラストレーター、写真家12人が「暖簾」をテーマに制作。
暖簾の絵を描いたり、撮影したり、はたまた暖簾に関するエピソードを文章にまとめりと、
各人それぞれのクリエイティブ・ワークをお楽しみください。

担当アーティストは、2013年5月「沖縄国際映画際クリエーターズファクトリー特別賞」を受賞した
若井麻奈美を含む6人が今年3月の創刊号(復刊第1号)より続投。
今号、新たに加わったアーティストは以下のメンバー。
PORTER CLASSICのアートワーク/グラフィックデザイン担当する切り絵作家のmimoe、
3月に発売された、Quinka,with a Yawnの『さよならトリステス』ジャケットデザインを手掛けたRUINCHI、
Tshirts Magazineのロゴデザインを手掛ける宮川洋平をはじめ、yuricamera、タカヒロコ、佐々木淳の6人です。


[15P〜18P] 特集2「きょうとさきょうくさいしゅう」
京都在住の鷹取愛をコーディネーターに迎えました。
鷹取はレストラン・カフェ「prinz」(京都)で、ギャラリーやイベントの企画を行う一方、
「ロマンチック叡電プロジェクト」「左京ワンダーランド」など数々のプロジェクトに携わるなど、多方面に活躍。
京都のみならず関西方面、東京の高感度な人たちをフィーチャーしています。
そんな彼女の“採集”する左京区とは、いかに?

[19P〜24P] レギュラーページのカルチャーページは、前号より2P増えて6P。
前号に引き続き、シネマレビュー、CDレビュー、ブックレビュー、
そして「はしやすめ」のOKAMEによるOKEMEの4コマ漫画。
ブックレビューには小西康陽氏(ex.PIZZICATO FIVE)が登場します!
新たに加わった2Pは、カフェブームを経て、原宿キャットストリートの名物カフェである
Bio Ojiyan Cafeの店長、イトウヒデキによる『原宿カルチャー・TOPICS』、
そして赤岩桃子によるお洒落なクロスワードパズルです。
[目次]

「はじめに」本田亮
「旅する朝ご飯」コンドウカヨ(クレパス画家・イラストレーター)
「Photologue of the Earth」工藤剛史(写真家)
「猫的日々是好日」小春あや(イラストレーター)
「動物園」yuricamera(写真家)
「OKAMEの自由すぎ帳」OKAME(イラストレーター)
「I am a man」ヤマダユウ(イラストレーター)
「ての時間」若井麻奈美(アニメーション作家)
「図案とその心」タカヒロコ(イラストレーター)
「宮ちゃんの休日」宮川洋平(デザイナー)
「切り絵手紙」mimoe(イラストレーター・デザイナー・切り絵画家)
「動物とI will do little by little」佐々木淳(イラストレーター)
「noren ni udeosi」RUINCHI(イラストレーター)
「カーテン採集」鷹取愛(opantoc)
「植物採集」淡嶋健仁(Lagado研究所)
「人間採集」加地猛(100,000tアローントコ)
「地名採集」文・うめのたかし(古書コショコショ)絵・尾柳佳枝
「イラストシネマレブー」中村友大×本田亮(イラストレーター)
「ペキュリア・ミュージック・ガイド」フタキダイスケ(ミュージシャン・デザイナー)
「原宿カルチャー・TOPICS」イトウヒデキ
「スウィート・ブック・レヴュー」毛利信之
「kugulu puzzle」赤岩桃子(デザイナー)
「ウサギとハシヤスメ」OKAME
「2013 Summer 中吊り広告」
「参加アーティストプロフィール」

以上全28ページ


ロゴデザイン・宮川洋平
表紙イラスト・コンドウカヨ
アートディレクション・RUINCHI(大平るい)